【比較】アルガンオイルとスクワランオイルのどちらがいい?

【比較】アルガンオイルとスクワランオイルのどちらがいい?
達人
達人

スクワランオイルのマニアである私ですが、実は「アルガンオイル」についても熟練者なのです・・・。

シャーク
シャーク

この浮気モノ~!

美容目的でオイルを使うとき、よく選択肢に上がるのはアルガンオイルだと思います。アルガンオイルは酸化しにくい上、保湿力も高い。スクワランオイルとどっちを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

達人
達人

私もメインオイルをどっちにすべきか相当迷いました。。。

シャーク
シャーク

で?結局どっちにしたの?
ん?

ここではアルガンオイルとスクワランオイルの違いを理解し、オイル選びのヒントになる情報をまとめました。

アルガンオイルとスクワランオイルの違いとは?

アルガンオイルとスクワランオイルの違いとは?
スクワランオイルと徹底的に違うのはオイル成分だけではなく、ビタミン類、植物ステロール、ポリフェノールなど肌の老化を食い止める成分がたくさん入っているという点です。

簡単に言えば、アンチエイジング(活性酸素の抑制など)をしたいのであればアルガンオイル。
ブースター(次に使う化粧水の浸透性をアップさせる)を探しているのであればスクワランオイルがおすすめです。

もっと言えば、年齢肌を若々しくさせたい場合はアルガンオイル。皮膚の乾燥を改善したいのであれば、スクワランオイルが良いでしょう。

達人
達人

それとアトピー肌やかなりの敏感肌さんなら迷わずスクワランオイルをおすすめします。

では、両者の違い詳しく説明していきますね!

スクワランオイルの原料と効果とは?

スクワランオイルの原料と効果とは?
スクワランに近い性質を持つ成分が、人間の皮脂の潤い成分として存在しています。スクワランオイルは動物性であればアイザメという深海にすむサメの肝臓から、植物性であれば主にオリーブの実から精製されます。

スクワランオイルのテクスチャーはサラサラしていて、皮膚への浸透性も高いので使い心地も良好です。

元々皮膚に存在しているスクワレンですが、25歳くらいから減少の一途となります。肌が乾燥すれば、新陳代謝も崩れ、小じわ、毛穴のたるみ、毛穴の開きなどのトラブルが発生しやすくなります。

スクワランオイルは保湿を通してこのような年齢肌にありがちな皮膚のトラブルをケアする事ができるというわけですね。

アルガンオイルの原料と効果とは?

アルガンオイルの原料と効果とは?
アルガンオイルはモロッコ南西部にしか存在しないアルガンツリーになるアルガンの実の種、その更に内部の「仁核」からしか採取できません。

100㎏のアルガンの実からわずか100gのアルガンオイルしか取れない

とても希少性の高いオイルです。

アルガンオイルがスクワランオイルと最も違うところは、オイル以外の成分がたくさん含まれていて、それらが肌に効果的に働きかける点です。

アルガンオイルには、リノール酸、オレイン酸、ビタミンE等がたくさん入っています。
オレイン酸は皮脂にも含有していますから、皮膚への浸透性の高さはスクワランオイルに匹敵するほどです。

また、活性酸素の発生を抑制して、エイジングケアできるのもアルガンオイルの魅力です。

さらに、紫外線から肌を保護してシワやシミのリスクを下げる作用もあります。加えて、保湿効果が高く水分を蒸発させないという効果も高いです。

【効果の違い・まとめ】

  • スクワランオイルの原料は動物性:サメ肝油、植物性:オリーブ
  • アルガンオイルの原料はアルガンの実の中の種の中の仁
  • 肌が弱い人はスクワランオイルがおすすめ
  • 保湿効果が高いのは両方
  • エイジングケアに効果が高いのはアルガンオイル
  • 浸透力が高いのは両方
  • 肌にトラブルが起こりにくいのはスクワランオイル

アルガンオイルとスクワランオイルの使い方の違い

アルガンオイルとスクワランオイルの使い方の違い
この2つのオイルの使い方に違いはあるのでしょうか?

アルガンオイルもスクワランオイルも全身に使える点では共通して言います。また使い方も洗顔後や化粧水を使った直後で肌に水分が残っている時点で使用する部分も同じです。

使い方で違いが出るのは、肌のコンディションが悪い時です。

スクワランオイルはどのような肌の状態でも精製度が高いことで刺激性が低く、安心して使える場合ほとんどです。

しかし、アルガンオイルに含まれる植物ステロール、ビタミンEを始めとしたビタミン類、ポリフェノール類が肌の刺激になってしまう場合があります。

肌のコンディションが悪い時、生理前などで敏感になっている場合にはスクワランオイルの方がおすすめです。敏感肌さんアトピー肌さんも注意が必要です。

【使い方の違い・まとめ】

  • 肌のコンディションが悪い時にはアルガンオイルの使用が肌トラブルに繋がるかも

アルガンオイルとスクワランオイルが向いている肌の違い

アルガンオイルとスクワランオイルが向いている肌の違い
どちらも乾燥肌に効果的である点は同じです。

違いは、スクワランオイルは使う年齢は選びません。新生児から思春期の不安定な肌、高齢者の肌でも安心して使えます。

しかし、アルガンオイルは20代後半から30代以降の年齢を感じ始めた肌に効果的です。

逆にホルモン分泌が活発な10代の肌に使うと、不飽和脂肪酸がアクネ菌のえさになりニキビを増やしてしまう可能性があります。新生児では免疫機能が確立していないため、アルガンオイルに含まれる成分を刺激として受け取り炎症を起こす可能性もあります。

ただし個人差があるためアルガンオイルが必ずしも赤ちゃんの肌や思春期の肌に使えないわけではありません。スクワランオイルよりは慎重に使用する必要があるということです。

【向いている肌の違い・まとめ】

  • 年齢を選ばず使えるのはスクワランオイル
  • 新生児だと肌トラブルになる可能性があるのがアルガンオイル
  • 思春期はニキビを増やしてしまう可能性があるのはアルガンオイル
  • 個人差が大きいので実際に試してからの判断がおすすめ

おすすめのアルガンオイルとスクワランオイルは?

おすすめのアルガンオイルとスクワランオイルは?
原料・純度・鮮度を重視するようにしましょう。

酸化しにくいと言われるアルガンオイル・スクワランオイルですが、「熱」「紫外線」「酸素」が加われば自然と酸化が始まります。

特に純度が低ければ低いほど酸化は進みやすいです。この点ではアルガンオイルの方が酸化しやすいと言えそうです。またアルガンオイルはアルガンの実という植物由来になるため、農薬不使用・有機栽培のものがさらに安心です。

良質なオーガニックの証である「エコサート認証」や「コスモスオーガニック認証」「USDA認証」などを取得しているアルガンオイルをおすすめします。

安心して使える高品質なオイルは、スクワランオイルであれば「ハーバーのスクワランオイル」がおすすめです。
そしてアルガンオイルであればメルヴィータの「アルガンオイル」がおすすめです。
こちら↓
メルヴィータのアルガンオイルアルガンの特有のナッツ臭もほとんどしないし、サラっとして使いやすいです。
エコサート認証もついているので、オーガニック製品としても信頼できます。

Bioマーク

メルヴィータの詳細をみる

達人
達人

もっと鮮度にこだわりたいのであれば「ネイチャーマジックのアルガンオイル」もおすすめ↓

ネイチャーマジックのアルガンオイル
ネイチャーマジックのアルガンオイルは完熟したアルガンオイルは朝7時に自然落下したものを集め(自然落下が良質なオイルの要素)、その日のうちにオイルを低温圧搾法(コールドプレス法)で抽出。

一番搾りのオイルをろ過し、空輸で国内に届くため出荷までの期間がわずか5日。

アルガンオイルは鮮度の違いによってもその効果が変わるため、最も効果的なものを選びたいのであればネイチャーマジックのアルガンオイルが今現在日本で販売されているアルガンオイルの中で最も鮮度が良いと言えそうです。

達人
達人

ただし、アルガン特有のあの甘酸っぱいニオイがけっこう強いです。他の人にまで分かるワケではないし、使ってから3分もすればニオイは消えますが・・・苦手な人は苦手だと思います。。

ネイチャーマジックのアルガンオイルの詳細をみる

※ネイチャーマジックのアルガンオイルを一番お得に購入する方法は、定期便での購入。定期便はいつでも解約してOK。初回は40%オフの1800円での購入がおすすめです。
【おすすめのオイル・まとめ】

  • スクワランオイルなら「ハーバーのスクワランオイル」がおすすめ
  • アルガンオイルなら「メルヴィータのアルガンオイル」がおすすめ
  • 鮮度にこだわったアルガンオイルなら「ネイチャーマジックのアルガンオイル」がおすすめ

アルガンオイルとスクワランオイルのどちらを使ったらいいか迷ったらぜひ参考にしてみてください。

ただし、敏感肌やアトピー肌さんなら迷わずスクワランオイルを選んだ方がいいですよ。

スクワランオイル選びに迷ってない?

スクワランオイルってメーカーによって原料や純度が違うのをご存知ですか?
ここでは人気の無印・ちふれ・ハーバーの3種類のスクワランオイルを使用感・浸透力・肌への効果・サンプルの有無・口コミなどで徹底的に比較しました。

「どんなスクワランオイルを選んだらいいの?」とお悩みの方は必見です。

スクワランオイルの比較
adminをフォローする
スクワランオイルの達人